スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三兄妹のナイフケース
毎度ご無沙汰してます。

先日仕上げたナイフケース。
三兄妹で“おそろい”のケースです。

ウチの末娘と同級生のお母さんからのオーダーで、ネーム掲載もご了承頂けたので紹介させて頂きます。


 IMG_2287_s.jpg IMG_2264_s.jpg
“アーミーナイフ”ってヤツですね。
お兄ちゃんと双子の妹達がボーイスカウトの活動で使うナイフなんです。

欲しかったんだよなぁ、、、「アーミーナイフ」。
欲しいのだけど、「何に使うの?」「いつ使うの?」と自問自答の末、手にすることが無いまま大人に(オッサンに)なってしまいました。。。

だけど、男はかなりの割合で「刃物」とか「道具」とか好きですよね~。
意味もなく(笑)



IMG_2252_s.jpg
作り始める前にこんな感じでラフなデザインを見て頂きました。

お客様には口頭で説明するより数倍イメージしやすいと思うし、こちらもお客様のイメージをつかみ易いので、革細工に限らず、シート屋の仕事でも、イメージのすり合わせが必要な場合はこんな風に絵を書いています。

正面のデザインは2パターン。
深いか浅いか(カブセが長いか短いか)。大事なのは見た目の問題よりも「出し入れ」の問題です。
でも、使ってみないと分からないなぁとも思います。一長一短かと。

相談の結果、冒頭の画像の通りの仕立てとなりました。



オーダーを下さったお母さんとしては、「ネーム」も重要な部分です。

実は、私の用意したネームのパターンは、カブセ又は腹に入れる「長手方向での横書きパターン(画像左中段)」だったんです。しかし、このラフ画を見て頂いたところ、「斜めに入れて欲しい」とのことで、急遽その場で書き直し、「斜めパターン(画像左下段)」に決定しました。
いかがでしょ??
んん~~、お母さん、良いセンスしてますよね!!
とってもバランス良く仕上がったなと思います。




IMG_2267_s.jpg IMG_2269_s.jpg IMG_2288_s.jpg

「ラフに使うものなのであまり高級品にはしない」
   →構造や工程をできるだけシンプルに

「丈夫で使い易く」
   →2ミリ厚の革を使用し、きつ過ぎず、ゆる過ぎず。

「兄妹喧嘩のタネを作らない」
   →できるだけ同じ様に仕上げました(笑)
    ※ひとつだけホックがシルバーですが、ご本人のチョイスです。
     決して、ホックの数が揃わなかった訳ではありません(笑)

今回は、以上の点に特に留意して作ってみましたが、後日、お母さんからお子さん達の喜ぶ様子を聞くことができたので、とても嬉しいですし、今後の励みにもなります。ありがとうございました。


過去の【ケース・ホルダー】類はコチラ ↓
タバコケース
携帯ケース
キーケース




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ポチッ!→ランクUP!→アクセスUP!→やる気UP!
スポンサーサイト
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。