スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【5本編み】の編み方
「5本編み」の編み方を紹介したいと思います。

このブログを訪れてくださる方が、どのような語句を検索して辿り着いたのかを知るために「アクセス解析」というものを設置していますが、検索語句の中でも多い部類に入るのが「5本編み」、「マジック編み」、「トリック編み」、「編み方」という語句です。

調べてみると、あちこちのサイトで紹介・解説されていますが、「わかり易さ」、「編み易さ」は人それぞれですよね。
私もそうでしたが、苦労されてる方もいらっしゃるかと思い、私なりの方法を紹介したいと思います。

まず、おおまかに説明すると

「行きの5回、くぐらせて、帰りの5回、くぐらせて整える」

これをワンセットとして覚えます。あとは仕上がりの長さや、網目の密度を好みのものになるよう繰り返すだけです。


5本編み工程_1-4_s500kb
「行きの5回」
“スタート”のカタチで手に持ち、右手(3本ある方)の外側のテープを残った4本の真ん中へ持ってきて左手(2本だった方)に持ち替えます。

次に、左手(3本になった方)の外側のテープを残った4本の真ん中へ持ってきて右手(2本だった方)に。。。といった工程を5回繰り返します。

動かさないテープ同士の順番が入れ替わらないようにすることが大事です。(何度ほどいてやり直したことやら...)

間違えていなければ5番の写真のようになっているはずです。


5本編み工程_2-4_s500kb
そして、上側の端をこちら側(手前)に倒してきて右手と左手のテープの間をくぐらせます。
6~7番の写真で1回の工程です。

実際には、順番が変わらないよう気をつけつつ左手(どちらかの手)に持ち替えないとくぐらせることが出来ませんね。

テープがよじれてますが気にしないで、とっとと次の工程に進みます。でないと手がつります(笑)


5本編み工程_3-4_s500kb
「帰りの5回」
7番の写真の状態から、左手(3本ある方)の外側のテープを残った4本の真ん中へ持ってきて右手(2本だった方)に持ち替えます。

次に、右手(3本になった方)の外側のテープを残った4本の真ん中へ持ってきて左手(2本だった方)に。。。といった工程を5回繰り返します。


5本編み工程_4-4_s500kb
そして、先程のように上側の端をこちら側(手前)に倒してきて右手と左手のテープの間をくぐらせます。13~14番の写真で1回の工程です。

15番の写真はテープ同士の重なりがわかりやすいように整えた状態です。
同じようにできたでしょうか??

次の編み込みに移るため16番の写真のように、編み込み部分を下側へ詰め気味にし、“スタート”と同じように手に持ち、再スタートです。

色分けをしてわかりやすくしたつもりですが、いかがでしたでしょうか?
(自己満足でないことを祈ります。。。)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ポチッ!→ランクUP!→アクセスUP!→やる気UP!
スポンサーサイト
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。