スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
職人さんの道具袋
職人さんの道具袋です。

先ずは、剪定バサミ。
PA150098_s.jpg PA150099_s.jpg
以前にも書きましたが、道具袋関係の革製品はほぼミシンで縫製します。
コバも磨かず、使い易さと堅牢性を重視し、価格を抑えています。


トタンを加工する道具類専用の腰袋です。
PA200105改_s PA200104_s.jpg  PA200106_s.jpg
“これはココ” “そいつはココへ” といった注文にその場でラフな絵を描いて
“こんな感じですか?” と言う風に、道具の配置や使い勝手を考慮しつつ煮詰めてゆきます。
塩梅を見るために手近にあったクッションフロアのハギレで試作~型紙製作~裁断。

PA200110_s.jpg PA200116_s.jpg
ミシン縫製~完成。


山道具ですね。山ノコとナタです。
PA250119_s.jpg PA250125_s.jpg PA250123_s.jpg
少々古く、銀面に割れが入ってますが、“あるものでいいよ^^”とのお言葉に甘えて、使わせて頂きました。使用には全く差し支えありませんが、お安く納品させていただきました^^
色に関しては、茶色を希望されたので、染めてみました。良い感じに染まっていると思います。

キツ過ぎず、ユル過ぎず。せっかくのオーダー製品なので喜んで頂けるよう、肝心の部分には手間を惜しむことはしません。

長く愛されて使われますように。。。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ポチッ!→ランクUP!→アクセスUP!→やる気UP!
スポンサーサイト
きっかけ
革に触れるきっかけを作ってくれたのは、友人でもありお得意様でもある大工さんでした。
それは2002年9月、革製の道具袋の注文でした。腰のベルトに提げてクギやげんのうを入れとくあれです。(腰袋とも呼びますね)

「自分の使いやすいサイズで」、「革製で」、「色は白で」という注文です。
その頃は、革を扱ったことがなかったため「革」についてはお断りさせていただき、白い帆布(トラックの幌等に使用される)で作らせていただきました。(写真左)

「使い易い」、「少しサイズ変更」とのことで同年12月、2個目を作らせていただきましたが、その後も「革製」を希望されたため、2003年10月、革製品に初挑戦!(写真右・牛革ヌメ2.5mm厚を使用、ミシン縫製)
2002年9月2003年10月

製作に当たっては色々な苦労もありましたが、喜んでいただくことができ一安心。
途中、糸のほつれ等を補修しましたが2年使用して頂き、2005年8月、再注文を頂きました。
製品自体はまだまだ使える状態とのことでしたが、サイズと細部の変更で新規製作となりました。
2003年製2年使用2005年8月

2007年9月には「白い革にピンクのミシン糸」とのオーダーで、クロム革2.5mm厚にピンクのポリエステル糸を使用、ミシン縫製。
ノミ入れ、インパクトドライバー・ホルダーを加えた豪華3点セット!大変喜んで頂きました。
2007年9月3点セット2007年製1年半使用

いつもやりがいのある注文をありがとう!またよろしくね、K君^^






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ポチッ!→ランクUP!→アクセスUP!→やる気UP!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。