スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケイタイケース
ご近所のSさんのオーダーで製作した携帯電話ケースです。

ケイタイケース (2)-s

「絞り出し」と呼ばれる技法です。
オス型とメス型を作り、水で湿らせた革を下の写真のように"絞り出し"ます。

ケイタイケース (1)-s

百均で購入したクランプが大活躍(笑)
平たい革が立体化しちゃうんです。乾くとそのままの形を保ちます。
革の「可塑性」を利用してるんですね。
はじめて試したときは「革ってすげーー!」と感激しました^^

ケイタイケース (0)-s
3つのデザインの中から選んでいただきました。

ケイタイケース (4)-s ケイタイケース (3)-s
出し入れしやすいように「切り込み」の入った内側と裏側のベルトループ部分。
裏側はとってもシンプル^^

毎年、こちらのSさん宅で「お花見」をさせて頂いてます。
今年は昨年より開花が遅れ気味です。本日"二分咲き"といったところでしょうか?
はやく咲かないかな~^^


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ポチッ!→ランクUP!→アクセスUP!→やる気UP!
スポンサーサイト
タバコケース
白いクロムなめしの革を使ったタバコケース
タバコケース04s タバコケース03s
先日紹介した「腰袋」を依頼してくれた”K君"のオーダーです。
お気に入りのジッポー専用のポケット付き。
カブセ(上蓋)を閉じるとジッポーも押さえてくれるので落ちません。

タバコケース01s
こんな感じで依頼内容を絵に描いてみます。
すると、製作過程での問題点や、使用するうえで不具合が出てきそうな部分が見えてきます。
脳内での工程の整理もできるので、欠かせない作業ですね^^

タバコケース02s
製作途中のひとコマ
アップしようか迷った写真ですが。。。
手前に見える青い大き目の洗濯バサミは、手縫い工程の際に作品を固定するための道具です。
革細工用に「レーシングポニー」と呼ばれる専用の道具がありますが、恥ずかしながらまだ使ったことがありません。
今のところコイツが具合がよいので "ま、いいか!" って感じです。

タバコケース05s タバコケース06s
使用後、ブラブラしすぎるのでストラップをダブル掛けにしたいとの依頼で、
写真のとおりになりました。
長さが違うのは、"ジーンズ(ヒップ部)の好みの部分に提げるため"なんです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ポチッ!→ランクUP!→アクセスUP!→やる気UP!
革ビー
2007年11月頃からこんなアクセサリーを作ってます。

名前は 『革ビー』 

革でビー玉を挟んでいるからです。ベタなネーミングですナ・・・
本人はネーミングも出来具合も結構気に入ってますが(笑)

革ビー001shuku- 革ビー002shuku-

昔は見かけなかった色のビー玉を見つけたので、取り寄せて使ってます。
サイズも昔ながらのヤツとは少し違います。
中ビーと小ビー(こんな呼び方だったよね)の中間のサイズです。


003ラピュタ1_2表shuku- 003ラピュタ1_3裏shuku-
「天空の城ラピュタ」のペンダントのデザインをモチーフに。
裏側の柄が違うのって知ってましたか??
これは友人の出産祝いにプレゼントしました。


P2260016shuku-.jpg P2260020shuku-.jpg
「プロフ」のサムネに使用したヤツ(左)。モチーフは「炎」
右は「龍の爪」。龍が ”龍珠(ロンジュ)” という玉を握っているイメージ。
龍の絵では必ずといっていいほど玉を握って描かれていますよね。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ポチッ!→ランクUP!→アクセスUP!→やる気UP!
手縫いにハマル
携帯ケースや手帳カバーの自己満足度が高かったので(笑)、気をよくした私は「手縫い」に挑戦することにしました。(2007年6月)

「手縫いの真髄」という財布に厳しい本(この手の本はどのジャンルでも結構お高いですがネ^^;)を買い込み、最低限必要と思われる道具を買い込み、ネットで調べた革屋さんで「革」を買い込み、何を作るかとあれこれ悩んだあげく「ブックカバー」を作ってみることに。(手帳カバーと変わらないですナ。悩んだ割には...)

んで、こんな感じ...

01_2_s.jpg P6180017_s.jpg
初手縫い作品      2~3作目だったかな?

P6180013_s.jpg P6180015_s.jpg
自分用

面白くなって、続けていくつも作っちゃいました。(家族が使ってくれてます)




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ポチッ!→ランクUP!→アクセスUP!→やる気UP!
はじめての革小物作り
先日の記事で書いた「腰袋」製作後、依頼主の紹介(宣伝?)もあり、いくつかの道具入れを作らせていただきました。
そのヌメ革を使って2006年に作った「携帯電話ケース」(写真は1年使用後)と、ネットで初購入した革を使った「手帳カバー」です。どちらも自分用に作りました。
ケイタイケースの革は茶色く染めてみたり、コバの仕上げ方をあれこれ実験してみたりとかなりイタイ目にあってます。

携帯電話ケース 手帳カバー_1 手帳カバー_2 
携帯電話ケース     手帳カバー

現在は手縫いの面白さ、難しさ、奥の深さ、にハマッていますが、この頃はまだミシンでの縫製です。
基本的に、剛健度と仕上がりのスピード優先の「道具袋」系はミシン縫製、見た目重視の「小物」系は手縫いといった感じで使い分けています。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ポチッ!→ランクUP!→アクセスUP!→やる気UP!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。