スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二つ折り財布の図面作成
前々回の記事で“財布の製作工程を~”と書きましたが、記事をご覧頂いた方からお問い合わせを頂いたので『図面』をどのように作ったか、まずはその工程を書いてみたいと思います。

興味のない人にはつまらいない記事になっちゃうなぁ~と思ったので、そんな方のために『おまけ』の記事も用意しましたのでお楽しみに!(下の方まで飛ばしちゃって下さい・笑)

そうそう!これから先の“工程”も全てそうなんですが、あくまでも『我流』であることをご理解の上ご覧くださいね!


とりあえず、こんな感じ。
IMG_3316_s.jpg IMG_3317_改_s


まず、取り掛かったのは、手持ちの財布をよく見ること。
つまり、構造をよく見て理解すること。
これが頭に入ってないと始まりませんからね。
その財布が赤面するほどよ~く見るんですよ~(笑)


次に、肝心の「寸法決め」。
自分の財布をあちこち測りました。
それから、インターネットで公開されている、色々なブランドの財布の寸法を参考にしつつ“これくらいかな?”というアバウトな寸法を決めました。

特に悩んだのは横方向(長さ方向)の寸法です。

札入れ部分は、お札に対してだいぶ余ることになるので“無視”
小銭入れも、特に“これだけ入らなければ”ということもないので“無視”
結果、一番重要な基準はカード入れでした。

自分の財布のカード入れに名刺が入らず「なんでよ~」と思ったことがあったのを思い出し、横幅91ミリの名刺がギリギリ入るサイズにしました。


図面そのものは『jw_cad』というフリーの図面作成ソフトを使っています。
もともと、シート屋の仕事で使っており、とても便利なので活用します。
書いたり消したりがとってもラクチン!

そのjw_cadを使って、“適当”な寸法で部品ごとに図面を作成します。
ここでいう“適当”は、「ほどが良い」というよりは「だいたい」とか「いい加減」に近いです(笑)

こんな感じで、上の画像よりも先に「試作用」の図面を作り、2009年11月の記事【二つ折り財布の試作】で紹介した試作品が出来上がりました。

この後、もうひと手間かけて寸法を確定してゆくのですが、長くなってしまいましたので今回はこの辺で。。。

次回もお楽しみに!!



【【おまけ】】
これ、な~んだ!
IMG_2951_s.jpg IMG_2955_s.jpg
見たことある方も多いかも知れませんが、これ『アケビコノハ』という、蛾の一種なんですよ。
昨年の11月、残業中の仕事場で発見。(仕事しろ!)

見れば見るほど枯葉にそっくり。
緑色のコケっぽい部分や葉脈、虫食い跡のように欠けた部分がとってもリアル。

こういう不思議な生き物を見るたびに、むかし習った「進化論」に矛盾を感じ、『暇を持て余した神々の あ・そ・び』なのではないかと妄想にふけってしまいます(笑)

IMG_2958_s.jpg IMG_2957_s.jpg IMG_2959_s.jpg
前から、上から、斜め前から。
それにしてもおとなしい。。。全く動こうとしません。

撮影後、屋外に逃がしたのですが、この時はじめてみた内側の羽の模様!
IMG_2963_s.jpg IMG_2966_s.jpg
予想外の派手さに驚き!

ということで“ムシ”嫌いな方、ゴメンなさい^^;
本文よりもインパクトの強い「おまけ」だったかも知れません(笑)




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ポチッ!→ランクUP!→アクセスUP!→やる気UP!
スポンサーサイト
調子に乗って(笑)
2月13日の記事に伊豆半島の雪景色をアップしたんですが、思いの外好評だったので、調子にのってアップします(笑)

実は。。。もっとず~っとなが~いパノラマ写真も作っていたのでした!
20110213伊豆半島雪景色trm_s


カメラの設定を少しいじりつつ、3回ほど撮影。
大島の人はわかると思うけど、長根浜にある丸太風の柵。
あれににカメラを乗っけて、一枚ずつ平行に回しながらずらして撮ったんです。

13日のはその内の、3枚の写真を繋げた部分。


これは、さらに利島、元町港を含む10枚+αを繋げたロングバージョン!

でも、、、
一箇所、抜けてしまって、別の設定で撮っていた少し暗めの写真を+αとして挿し込むことになってしまい、トホホなことになってしまいました(笑)

おまけに長すぎて見づらいでしょ?(汗)

でも、せっかくだから見てもらおうかな~と。。。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ポチッ!→ランクUP!→アクセスUP!→やる気UP!
手染め二つ折財布
久々に短期間での更新となりました(笑)

手染めの二つ折財布を作りました。
2010年3月に作らせて頂いた財布の持ち主であるTさんが紹介(宣伝?)して下さったのですが、今回はTさんと同じバスケット刻印の外装を手染めで仕上げてみました。

なかなか良い感じに染めることが出来たなと思います。
IMG_3227_s.jpg IMG_3214_s.jpg
IMG_3228_s.jpg IMG_3229_s.jpg
依頼者は、我が家の3人の子供達がお世話になった小学校の校長先生だった方です。
PTAの役員をしていたこともあり、私も仲良くして頂いてます。
納品時には「想像以上に良い」との言葉を頂き恐縮しましたが、喜んで頂けたようでなによりです。

今回もネームを入れました。
IMG_3215_s.jpg
このデザインに落ち着くまでに構想の段階でいくつも描いては消し、描いては消し(笑)
こういうのも“慣れ”ですかね。私は随分と時間がかかってしまいます。


次回から数回に分けて、この財布の製作工程を紹介して行きたいと思っていますのでお楽しみに!



『伊豆半島の雪景色』
20110213伊豆半島雪景色trm2
今朝、大島元町の長根浜から見た景色です。
右端に富士山、中央付近の真っ白い山が大室山ですね。

この写真、実は3枚の写真をつなげてあるのです。
なかなかウマイことつながってるでしょ?



【過去の財布関連記事】
→ 『財布




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ポチッ!→ランクUP!→アクセスUP!→やる気UP!
久々のキーケース
皆さんお久しぶりです。
新年のご挨拶もせぬまま2月に突入してしまいました(汗

今回は、久々にキーケースを作らせて頂いたのでご紹介します。
IMG_3130_s.jpg IMG_3132_s.jpg IMG_3133_s.jpg
2009年5月の記事で『試作』として紹介した自分用の物と全く同じ型です。

依頼人は友人のSさん。
以前、「五本編みのストラップ」をご注文頂いたり、奥様には「革ビー」をご注文頂いたりと、ご夫婦揃ってお得意様なんです。




IMG_3098_s.jpg IMG_3099_s.jpg IMG_3123_s.jpg
左端の写真で、ビンに入ってるのは『ふのり』。
煮出して、濾して、冷やすと寒天状になります。

木綿のハギレに少量くるんで搾り出すような感じで、革のコバに擦りつけます。
その後、半乾きの状態の内に、ヘチマのハギレで磨いてコバの毛羽立ちを抑え、繊維を固めて丈夫にします。

中央の写真右上のしおれたテルテル坊主のようなのがそうですね。そばにヘチマも転がってますね。




IMG_3124_s.jpg IMG_3128_s.jpg
金具を取り付け、いつものように「椿油」を塗って完成。



IMG_3148_s.jpg
左が出来たてのホヤホヤ。
右は1年8ヶ月使用の自分用キーケース。

前回の記事を見て頂ければわかりますが、出来たては同じ様な色だったんですよ。

随分と色が濃くなりましたね。
ちと“こ汚い”感じは否めませんが、一応『飴色』っぽくはなってますよね(笑)

Sさんにも、ガンガン使い込んで『飴色』を目指して欲しいなと思います。



『三原山の雪景色&夕焼け』

IMG_3114_s.jpg IMG_3119_s.jpg IMG_3121_s.jpg

先日1月25日は三原山で雪景色が見られました。
その日は仕事で山へ登ったのですが、さすがに寒かった。。。
帰り道、山から下りながら見ることが出来た夕陽もなかなか良かったですよ^^



過去のキーケースの記事はこちら↓
『キーケース』






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ポチッ!→ランクUP!→アクセスUP!→やる気UP!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。