スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
革ビー~コバの仕上げ
毎度のご無沙汰です。

先日、久々に『革ビー』のご注文を頂いたのですが、その際「コバの仕上げ」についてご質問を頂き、他にも同様の質問を頂くことが多いので、ちょっと記事にしてみたいと思います。

「コバ」とは、「革の切断面」のことなのですが、そのままでは「ケバケバ」していて、それはそれで“味”でもありますが、そのケバケバを何とかしようというお話しです。


まずは、ご注文の『革ビー』を。
IMG_3815_s.jpg IMG_3816_s.jpg
“G”は「gen」の“G”。絵柄は「龍 Type3」。
「製作者のイニシャルを」とのご注文。感激です。

IMG_3819_s.jpg IMG_3821_s.jpg IMG_3825_s.jpg
3枚目の画像でコバがよく分かると思いますが、これが試行錯誤の末、辿り着いた私の仕上げ方です。


以下に大まかな手順を記しますが、あくまでも『我流』ですのでよろしく。

IMG_1051_s.jpg IMG_1053_s.jpg IMG_1059_s.jpg
①手縫いの済んだ作品のコバは多少のズレや段差が出来ているので、グラインダーやサンドペーパー等を使用して均します。
②“ふのり”を擦り込みます。(磨かず擦り込むだけ)(参考記事:2009.9.17)
③木製(椿で自作)のグラインダーで磨く。ちょっとガサつきも残りますが気にしない。


IMG_2133_s.jpg IMG_3186_s.jpg
④“椿ワックス”(自家製)をコバに擦り込む。(参考記事:2010.5.18)
「擦り込む」のは、画像では小皿に入ってますが、手にとって細長く丸めてマスキングテープを巻いて、ちょうどクレヨンの様なモノにして擦り込みます。減ったら押し出して使います。(画像無し御免)
⑤温度調節器につなぎ最低温度に設定した20ワットのこてをコバに当てて溶かし込む。

⑥余分なワックスをウエスで拭き取る。
⑦1000~1500番のサンドペーパーで磨き、ふのりを擦り込み、木製グラインダーで磨く。

仕上がりが気に入るまで ⑦ の工程を繰り返す。時には ④ まで戻る。ケースバイケース。

同じ革でも諸々の条件でその都度塩梅が違いますが、なかなかの確率で、繰り返しなしの一発仕上げでいけます。

気をつけたのは「焦がさない」ってことですね。
焦がすといつまでもガサついてうまくまとまりません。
蜜ロウを熱して溶かし込めば良いのだろうと考えていたので、随分と遠回りしてしまいましたが、『焦がさずに溶かし込む』のがポイントかなと思います。
ユザワヤでこの20ワットのコテを見つけたときには『これだっ!!』って、声が出そうになりましたよ。少し出てたかも(笑)


と、こんな感じですがいかがでしょ?

「もっと簡単に説明せいっ!」って声も聞こえてきそうですが(笑)

興味のある方、少しは参考になったでしょうか?


【オマケ】
革には興味がないけど、音楽には興味があるって方に。

私のお気に入りのアーチストです。友人のオススメで、私のほうがハマってしまったというパターンです(笑)
なんだかとっても元気になるんですよね~

「Weezer Keep Fishin on ukulele」


最近あまり使われないかもしれないけど「チャーミング」って言葉がピッタリです。

「God Only Knows, Beach Boys on ukulele 」


他にもたくさんアップロードされてますので、お気に入りの方は是非^^






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
ポチッ!→ランクUP!→アクセスUP!→やる気UP!
スポンサーサイト
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。