スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きっかけ
革に触れるきっかけを作ってくれたのは、友人でもありお得意様でもある大工さんでした。
それは2002年9月、革製の道具袋の注文でした。腰のベルトに提げてクギやげんのうを入れとくあれです。(腰袋とも呼びますね)

「自分の使いやすいサイズで」、「革製で」、「色は白で」という注文です。
その頃は、革を扱ったことがなかったため「革」についてはお断りさせていただき、白い帆布(トラックの幌等に使用される)で作らせていただきました。(写真左)

「使い易い」、「少しサイズ変更」とのことで同年12月、2個目を作らせていただきましたが、その後も「革製」を希望されたため、2003年10月、革製品に初挑戦!(写真右・牛革ヌメ2.5mm厚を使用、ミシン縫製)
2002年9月2003年10月

製作に当たっては色々な苦労もありましたが、喜んでいただくことができ一安心。
途中、糸のほつれ等を補修しましたが2年使用して頂き、2005年8月、再注文を頂きました。
製品自体はまだまだ使える状態とのことでしたが、サイズと細部の変更で新規製作となりました。
2003年製2年使用2005年8月

2007年9月には「白い革にピンクのミシン糸」とのオーダーで、クロム革2.5mm厚にピンクのポリエステル糸を使用、ミシン縫製。
ノミ入れ、インパクトドライバー・ホルダーを加えた豪華3点セット!大変喜んで頂きました。
2007年9月3点セット2007年製1年半使用

いつもやりがいのある注文をありがとう!またよろしくね、K君^^




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。