スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
革ビー製作工程 その5
やっとこさ 「革ビー製作工程」 最終章です。
前回の “写真撮り忘れ”事件 からずいぶんと間が空いてしまいました。すみません^^;

それでは、早速 “つづき” をご覧ください^^

IMG_1051_s.jpg IMG_1047_s.jpg
「接着」の工程後、ヒシ目(縫うためにあらかじめ空けておく穴)を、針が通りやすいよう貫通させた後、コバをグラインダーで整えます。グラインダーは最近使い始めたのですが、サンドペーパーで整えていた頃と比べると格段に能率アップしました。

その後、いよいよ 「手縫い」 の工程です。

この楽しさを味わうために今までの工程があると言っても過言ではないと思ってしまう、楽しい作業です。革ビーは小さいので物足りないくらいです(笑)

夢中で縫い進めてしまうんですよね~...で、、前回写真を撮り忘れて、、、(笑)

そうそう!今回の記事の写真で、「他人目線」の写真は、「定例会(笑)」に来ていた友人の“Oさん”に頼んで撮ってもらいました^^
感謝!!


IMG_1053_s.jpg IMG_1054_s.jpg IMG_1056_s.jpg
いよいよ仕上げの 「コバ磨き」 です。
いろいろな方法があるようですが、私は「フノリ」を使っています。

左端の画像のビンに入ってるのがそうですね。ゼラチンのような感じと言えばわかり易いでしょうか?

フノリをさらしの木綿に少量とり、絞り出すようにしてコバに塗ります。
3枚目の画像は、塗りつけただけの状態。


IMG_1059_s.jpg IMG_1061_s.jpg
半乾きの状態で、グラインダーにセットされた 「自作のコバ磨き」 で磨きます。
このコバ磨きは、枝打ちした椿の木を近所で頂いて、それを輪切りにして(中略)と、苦労して作りました^^
なかなか良い感じに仕上がるのでお気に入りです。

コバの状態に応じ、サンドペーパーで磨き、フノリをつけ、磨き、という工程を2~3回繰り返します。

この作業は、やればやるほど “ツルピカ” になっていくので、ついつい繰り返してしまいますが、どこかで “やめる勇気” を出さないとキリがありません(笑)


仕上げのオイルに椿油を薄く塗って、革紐を付けて、完成ですっ!
IMG_1071_s.jpg IMG_1068_s.jpg
ちょっとカッコつけて写真を撮ってみました(笑)
今回の革ビーは「イルカ」に「パープルのビー玉」の組み合わせです。

いつもこのブログを応援してくれいる「Mっけ」さんのオーダーです。
Mっけさんがこの革ビーを友人に紹介してくれ、注文を取りつけてくれました。
実はこの方、革ビー広報部伊豆大島支部長なのです(勝手に任命・笑)
いつもありがとう^^


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この革ビーのふちは、どうやってツルツルにしてるのかな?って長男と言っていたのよ。こうやっていたのね~。

げんちゃん・・・コレ旦那と私だけかもしれないんだけど・・・ストラップの紐の部分あるでしょう?金具ですれてワサワサしてきたの・・・だからココの部分何かで(瞬間接着財とか小さいビーズとか)で金具で直接すれないようにできたら良いと思うよ。切れちゃったらもったいない・・・落としちゃうかも知れないからね。使っていて感じたことです。(取り入れなくても良いよ~感じたことだから~)
黒い紐と金具がすれるところです。

PS:PC修理ご苦労様です。調子よくなったんだね^^
2009/09/17(Thu) 23:01 | URL | 啓ちゃん | 【編集
どうもです~!
私、どんどん紹介していきますよ~☆
2009/09/18(Fri) 12:44 | URL | Mっけ | 【編集
>啓ちゃん
あ!ほんとだ!!
オレの革ビーも紐の付け根が擦れちゃってるね^^;
この紐は中に芯が入っていてとっても丈夫なんで切れることはまず無いと思うんだけど、見た目が悪いね~><
ちと考えてみます^^
教えてくれてありがとね~
これからもどんどんアドバイスよろしく~v-222
2009/09/19(Sat) 00:27 | URL | genn | 【編集
>Mっけさん
伊豆大島支部長殿~
頼りにしてますよ~
今回購入してくれたお友達にもよろしく伝えてくださいね~v-218
2009/09/19(Sat) 00:29 | URL | genn | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。