スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての革小物作り
先日の記事で書いた「腰袋」製作後、依頼主の紹介(宣伝?)もあり、いくつかの道具入れを作らせていただきました。
そのヌメ革を使って2006年に作った「携帯電話ケース」(写真は1年使用後)と、ネットで初購入した革を使った「手帳カバー」です。どちらも自分用に作りました。
ケイタイケースの革は茶色く染めてみたり、コバの仕上げ方をあれこれ実験してみたりとかなりイタイ目にあってます。

携帯電話ケース 手帳カバー_1 手帳カバー_2 
携帯電話ケース     手帳カバー

現在は手縫いの面白さ、難しさ、奥の深さ、にハマッていますが、この頃はまだミシンでの縫製です。
基本的に、剛健度と仕上がりのスピード優先の「道具袋」系はミシン縫製、見た目重視の「小物」系は手縫いといった感じで使い分けています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
凄~い!!!

特に携帯ケース素敵ですね☆
風合いが渋くていいですね♪
2009/03/18(Wed) 10:50 | URL | ASAKO | 【編集
>ASAKOさん
お褒めの言葉ありがとうございます^^
携帯ケースは、出来立ての頃は、ナデナデしたり、眺めてニンマリしたりしてました(笑)
しかし、度重なる実験と、一年以上毎日使用していたせいか、かなりくたびれてますね。
でも、その分思い入れも強くて...
機種変更したため最近は使ってなかったんですが、チョット手を加えて、復活させようかなどと企んでます^^
2009/03/18(Wed) 22:42 | URL | げん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。