スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バスケット刻印失敗談。。。
あけましておめでとうございます!

昨年3月から始めたこのブログですが、アクセスも9000を超え、ますます頑張って更新せねばと気を引き締めております。
とはいえ、あまり気張りすぎると息切れしてしまいそうなので、昨年同様、肩肘張らずに、マイペースで行きたいと思いますので、よろしくお願いします^^;

年末は仕事が詰まってしまい、残業も深夜1時~2時という状態で、ブログの更新には手が回らず、随分と間が空いてしまいましたが、前回の記事で紹介した二つ折り財布の失敗談なんぞを少し。


二つ折り財布の外装に施したバスケット柄の刻印ですが、初めての作業なのでまずはネットで情報収集。
手順や染色の方法等を調べたのですが、やってみなけりゃわからないという結論に達し、とにかくやってみました。

IMG_1345_s.jpg IMG_1390_s.jpg IMG_1391_s.jpg IMG_1392_s.jpg
ネットで入手したいくつかの刻印方法は、綺麗に仕上げるには相当の練習と熟練が必要だと感じたので、ちょっと反則かもしれませんが、型紙を作って革にアタリを付ける方法をとりました。

床面(革の裏側)には革が伸びないようマスキングテープを貼りました。市販品に「伸び止めシート」なんてのがありましたが、これでじゅうぶんかなと。

革を湿らせて、端から順に刻印していきます。


IMG_1352_s.jpg IMG_1354_s.jpg IMG_1394_s.jpg IMG_1438_s.jpg 
実は、1枚目の革は失敗してしまいました。上の画像1~2枚目は失敗作、2~3枚目はリベンジ作。
1枚目のアップ写真で思いっきりズレちゃってるのがわかりますね^^;
おまけに、ちょっと浅かったかな。染色の仕上がりも気に入らず、ってことでボツ!



IMG_1425_s.jpg IMG_1428_s.jpg IMG_1441_s.jpg IMG_1442_s.jpg
正解がどこなのかわからないのですが、自分が納得したとこでOKとします。
刻印を打ち終わったら、染色から仕上げに入ります。

まずは「レザーコート」で凸部分をコーティング。塗って乾かして、3回ほど重ねました。
一度目の革では横着をして、あて木に布を巻いてレザーコートを浸し、一気にダァーーーッとこする感じで塗ったんですが、凹部分にもレザーコートが入ってしまったので、今回は筆で凸部分を一つ一つ丁寧に塗っていきました。
横着はいけません^^;

次に「アンティークフィニッシュ」という陰影を付けるための塗料で染色します。
ペースト状の塗料を塗りこみ、すぐに布で拭き取ります。凸部分は拭き取られ、凹部分は塗料が残ります。
一度目の革では、一生懸命こすりすぎたのか、刻印がのっぺりとした感じになってしまいました。

次に「レザーバインダー」で色止めと、仕上げ剤のひび割れ防止です。

最後に「レザーコート マット」で仕上げ。文字通り“マット”(つや消し)に仕上がります。
コーティングに使用したレザーコートでも良いのですが、好みでこちらを選びました。


バスケット刻印の失敗談と仕上げまでの工程を紹介しましたが、ほんとにこれであってるのか心配しつつの公開です。
自分としては仕上がりに納得して財布に仕立て上げたのですが、もしも、経験者の皆様でこのブログをご覧になって「こうすると良いよ」とか「そこはそうじゃないよ~」とかお気付きでしたら、是非ご指導頂きたいと思いますので、よろしくお願いします。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
今年もゲンさんのご活躍!期待しております・・・☆よろしくです。
2010/01/05(Tue) 12:59 | URL | よしくん! | 【編集
あけおめ!
いや~ココのところ読み逃げ状態^^;たいへんごめんなさいです。
刻印lうて難しいね。
失敗できないなんて・・・大変。。。。。
ずれてるのも味といえばそうも取れそうだけど・・・そうは行かないモンね自分のじゃないし。
数やって良いものができるんだと思うよ。
カットも同じ・・・数だよね。
愛情を持って作品を作ることはとってもいいことだね。手作りならでわだよね。
2010/01/05(Tue) 15:39 | URL | 啓ちゃん | 【編集
コメントありがとうございます
>よしくん!
あけましておめでとう!
昨年は革ビーの宣伝ありがとうね!
そしてまた今年もよろしく!!



>啓ちゃん
あけましておめでとう!

>数やって良いものができる
同感です。ほんとにその通りだよね。
友人知人の応援で、少しずつですが “数”をこなすこともさせて貰える今の状況は、ありがたい事だなと思います。
2010/01/05(Tue) 22:40 | URL | genn | 【編集
あけまして
おめでとうございます!
刻印難しいですね^^;
ウチは苦手です
何度も失敗してます。
数つくると慣れる日がくるのだろうか・・・

今年も日記楽しみにしています!
2010/01/15(Fri) 14:22 | URL | mino | 【編集
>minoさん
明けましておめでとうございます^^
思った以上に難しく根気のいる作業でした^^;

minoさんも苦手でしたか。
やっぱり数をこなして慣れるしか道は無いのかもしれませんね。

お互いに根気よく納得のいく良いものを作り続けたいものですね。

今年もよろしくお願いします!
2010/01/15(Fri) 15:29 | URL | げん | 【編集
こんばんは!
あけましておめでとうございます、去年の暮からでしたが、今年もよろしくお願い致します。

ゲンさんのブログをお気に入りに入れてあったのですが、お気に入りからブログにアクセスすると、お気に入りに入れた時の記事しか出ないんですね~・・・・・知らなかった。汗

なので、ゲンさん更新してないなぁ・・・・・・・と今日まで思っていました。笑


僕は○○方式(ごめんなさい、どことは言えません。汗)で防染しているので、レザーコートは打刻面にもしっかり入れています。
アンティックは少し残っていた方が見た目的にはいいんですが、これが月日がたってくると、ボロボロとアンティックが取れてきてしまいます。

でも、ゲンさんのように打刻面までレザーコートを入れないなら、それもアリなのかな~。

基本的にレザークラフトはこれが正解!!ってのがないみたいなので、自分の納得できるやり方ならOKかもしれません。

ちなみにトップコートも僕はやりません。
なので、しっかりとアンティックを落としています。

これは仕上がりの好き嫌いでやり方は変わってくるかもしれませんね!

僕はテカッってるのが嫌いなので・・・・・。

色々と試してみるのもいいかもしれませんね、僕も試してみますね!

最後に・・・・・僕のブログでこのお話はNGでお願いしますね。(ごめんなさい、セミプロやプロの方も見てくれているので。汗)

あくまで、いくらかゲンさんの参考になれば・・・・・・です。

ちなみに僕はバスケットは超ニガテです。笑

今年もお互い頑張りましょう!!

2010/01/15(Fri) 20:24 | URL | Ryu | 【編集
>Ryuさん
明けましておめでとうございます!
お気に入りに入れてくれてたんですね?!!ありがとうございます^^
更新情報は、このページの右側中段の「最新記事のRSS」を利用して頂くと便利ですよ~^^;

アドバイスありがとうございます!!
独学でやってる私には「天の声」に匹敵するほどありがたいことです。

なるほど、〇〇方式とか色々あるんですね?
“月日が経ってくるとボロボロと~”でギョッとしてしまいましたが、打刻面にもコーティングするからってことですよね。
そうでないと困るのですが(笑)

トップコートしないんですか?今度試してみようかな。
私もテッカテカは避けたいので「マット」を使ってみたのですが、やはり若干テカリますよね^^;

Ryuさんのアドバイス、とても参考になりました。ありがとうございます。
まだまだ勉強が必要ですね。というより、ずっと勉強なんでしょうけど^^

Ryuさんのとこも、またチョクチョク寄らせて頂いて勉強させてもらいますね。

今年もよろしくお願いしま~っす!!
2010/01/16(Sat) 23:01 | URL | genn | 【編集
こんばんは!
ごめんなさい・・・・・・こないだの書き込み、なんか偉そうに書き込みしてしまった感がありましたね。汗

レザーコートはマットを使用してもテカリがでますよねぇ・・・・・
これは僕もまだ試した事はないのですが、RTCというコート剤があるんですが、これだとテカラずに防染できるらしいですよ~。
聞いた話なのでどうかはわかりませんが。笑
テカリが気になるなら試してみてはいかがでしょう?
レフティーズで販売してるハズです。
いくらかまとめて注文しないと送料がかかるので、僕はケチって注文してませんけどね~。笑

これは僕が思っているだけなのですが、最後にトップを入れるならボロボロとアンティックは落ちてこないかもしれませんね・・・・・あくまで僕の予想(いいかげん。笑)ですが・・・・・。
僕はせっかく入れたアンティックがトップを入れたせいで少し落ちてしまうのがどうもイヤでしてないだけですよ~。
これもそれぞれの好みの問題なのでしょうね!

なんにせよ、アンティックはしっかりとかき出してからのトップがいいかもしれませんです。


最後に、大きなお世話なのですが、バスケットを入れるならボーダー刻印は持っておいた方がいいかもしれません。
全体の印象が締ってみえてカッコよくなると僕は思います。
高価な方だとはいえ、やっぱりバリーキングのものをおすすめします。


では、また遊びにきますね~(^_^)
2010/01/17(Sun) 00:39 | URL | Ryu | 【編集
>Ryuさん
いやいや、偉そうだなんてとんでもない^^;

ほぅ、、、「RTC」ですか。(メモメモ、、、)
テカらないってのはちょっと魅力的ですね~。試してみたいなぁ。

ボーダー刻印。。。実は、Ryuさんのとこでも見かけたんで他の材料と一緒に通販で発注したんですが、たまたま品切れで、そのまま買いそびれてしまって(笑)

バリーキングってお高いヤツですよね。
やはり仕上がりに差が出るんでしょうね。
安いのと比べて値段10倍くらい違いますけどね(笑)

丁度、2作目のバスケット入りの財布のオーダーが入ったので早速“ボーダー刻印”仕入れたいと思います!
アドバイスありがとうございます!
2010/01/17(Sun) 23:44 | URL | genn | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。